外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 山口県光市母子殺害事件で死刑が確定した元少年(32)の弁護団メンバーらが、橋下徹大阪市長が出演したテレビ番組で名誉を傷つけられたとして、市長と読売テレビに計約1億2千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、広島地裁は30日、請求を棄却した。2007年5月放送の番組で、弁護団が一転して殺意を否認したことを取り上げ、橋下市長は懲戒請求を視聴者に呼び掛け、弁護団への批判が相次いだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信