外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 本来より高い特例水準で給付している年金を減額する国民年金法改正案が16日に成立するのを受け、ひとり親家庭向けの「児童扶養手当」など各種の福祉関連手当も年金減額に連動し、来年から3段階で1・7%引き下げられる。障害者や被爆者に対する手当も対象。来年10月分から0・7%、14年4月分から0・7%、15年4月分から0・3%を引き下げる。年金の改正案成立に伴い、各種手当の特例も解消することになる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信