外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 65歳以上の高齢者が入浴中に意識障害を起こしておぼれたり、脳卒中や心筋梗塞を発症したりして急死する「入浴関連死」が、全国で年約1万7千人に上るとの推計を東京都健康長寿医療センター研究所が2日までにまとめた。入浴中の急死は冬場に多発。温度差による血圧の急激な変化が原因とされるが、実態はよく分かっていない。熱中症も原因の一つとされ、厚労省は、具体的要因を探り防止策につなげようと実態把握を進める方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信