外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国の知事や市区町村長の56%が「国民健康保険(国保)の広域化は制度維持に欠かせない」と考えていることが27日、共同通信と加盟新聞社が協力して実施した首長アンケートで分かった。広域化が必要だとしたのは5府県の知事と996市区町村長。市区町村による国保運営のままでは財政基盤が弱く存続が不安視されるためで、厚生労働省が進める新たな高齢者医療制度の議論にも影響しそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信