外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄を除く電力9社のこの冬の供給余力を示す予備率がいずれも必要な3%以上となり、電力不足が回避できる見通しであることが28日、明らかになった。政府は冬の節電数値目標を見送る方向で検討に入った。無理のない範囲で節電を求めるとみられる。原発が停止する中、家庭や企業で節電が定着。火力の高稼働を維持するほか、相互融通も確立している。節電目標が見送られれば震災後、冬では初めて。

共同通信