外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】ミャンマー問題に関する「国連事務総長のフレンズグループ」会合が6日、ニューヨークの国連本部で開かれ、総選挙実施後のミャンマーの民主化プロセスが成功するためには、すべての政治犯2千人以上の釈放が「不可欠」との認識で一致した。国連が声明で明らかにした。会合は、国連の潘基文事務総長のほか、フランス、中国、シンガポール、ベトナムの国連大使らが参加した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信