外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第44回全日本大学駅伝は4日、名古屋市から三重県伊勢市までの8区間、106・8キロに26チームが出場して行われ、駒大が大会新記録の5時間12分43秒で2年連続10度目の優勝を果たした。東洋大が49秒差の2位で、早大が3位に入った。7区を終えて2位の駒大は最終8区、1分7秒差でたすきを受けた窪田が、前を行く東洋大の服部を逆転した。日体大4位、明大5位。6位に入った日大までが来年のシード権を獲得。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信