外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米ボストン国際空港で日航便が燃料漏れを起こした新鋭機ボーイング787が、昨年10月23日に山口宇部空港で地上走行中の羽田行き全日空便でも燃料漏れを起こし、全日空と日航が計8機の部品を交換していたことが9日、国土交通省などへの取材で分かった。国交省によると、全日空便の燃料漏れは主翼内の燃料タンクとエンジンをつなぐ配管結合部の組み立て不良が原因。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信