外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全日本空輸は23日、最新鋭機ボーイング787の運航停止で欠航が相次いでいる問題を受け、国内線で運用しているジャンボ機と小型機の計4機の退役時期を、従来予定の3~5月から6月以降に延ばす方針を明らかにした。退役を延期するのは4月に引退予定だったジャンボ機1機のほか、3~5月に退くことになっていたエアバスA320とボーイング737の小型機計3機。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信