外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 バッテリー発煙トラブルを起こしたボーイング787について、全日空は1日、各地で約4カ月半ぶりに国内線定期便の運航を再開した。787は1月、バッテリーのトラブルが相次いだため運航停止となったが、改修が終わり、全日空が5月26~31日、札幌―羽田で臨時便を運航。1日からは全日空と日航の国際線定期便が再開し、ともに午前1時ごろ羽田を飛び立った。国内線も1日午前6時半ごろから、各地で一斉にフライト。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信