ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

全日空、10万人分座席指定無効

 全日本空輸の国内線予約で、来年2月搭乗分の事前座席指定が無効になっていたことが28日、分かった。予約システムの不具合が原因で、約10万6千人に影響があるとしている。航空券の予約は確保されているが、座席指定情報だけが取り消された。全日空は26日に、ホームページ上に「おわび」を掲示するとともにメールアドレスの分かる人にメールしただけ。これに気付いていない予約客も多いとみられ、不親切な顧客対応に批判も出そうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。