外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 内閣府の公益認定等委員会は7日、暴力指導問題や助成金の不正受給など不祥事が続く全日本柔道連盟(全柔連)に、一連の問題の報告書再提出を5日付で求めたと発表した。同委は全柔連への文書で、最初の報告書を「事実関係を真摯に報告する内容ともなっておらず、極めて遺憾」とした。再提出期限は25日。同委事務局によると、スポーツ関連の公益財団法人に再提出を求めるのは初。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信