ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

全柔連に第三者の執行部入り提言

 柔道女子日本代表での暴力指導問題を検証した全日本柔道連盟の第三者委は12日、外部の第三者を執行部に加え、複数の女性理事を登用するなどの提言を盛り込んだ報告書を提出した。女性代表監督の起用も求めた。全柔連は18日の理事会で協議する。笠間治雄委員長によると、提言は(1)暴力を禁止した明確な指導方針の提示と徹底(2)外部、女性理事登用などによる組織改革(3)女性監督起用など強化システムの再検討―など。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。