外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹会長(62)は26日、日本スポーツ振興センター(JSC)からの助成金不正受給問題を調査する第三者委員会の中間報告を受け、「大変重く、真摯に受け止めている。報告内容を精査し、近いうちに進退を明らかにしたい」と述べ、6月の理事会での引責辞任を示唆した。全柔連は女子日本代表15選手が前指導陣による暴力問題などを告発し、社会問題にまで発展。さらに助成金不正受給問題も浮上。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信