ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

全柔連の13年度交付金を停止

 日本オリンピック委員会(JOC)は19日、東京都内で理事会を開き、全日本柔道連盟(全柔連)への2013年度交付金を停止する処分を正式に決めた。女子日本代表で起きた暴力指導問題の再発防止のため13項目の改善勧告も行い、3カ月ごとに具体的な施策と達成状況の報告を求める。竹田恒和会長は交付金の停止に「厳しい処分で妥当な判断だと思う」と述べた。12年度の交付額は約2500万円だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。