外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柔道日本代表の指導陣による暴力、パワーハラスメント問題を検証するために設置された全日本柔道連盟(全柔連)の第三者委員会が8日の最終会合でまとめる提言案の概要が判明、1人もいない女性理事の登用を盛り込むことが7日、関係者への取材で分かった。現在、全柔連の理事(定員30人)は25人で全員が男性。第三者委の関係者によると、理事会に女性を積極登用して閉鎖的な体質の脱却を目指すとともに、強化現場で女性の意見を反映させる狙い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信