外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柔道女子日本代表の指導陣による暴力、パワーハラスメント問題を検証するため設置された全日本柔道連盟(全柔連)の第三者委員会は8日、東京都文京区の全柔連で第3回の最終会合を開き、初の女性理事登用など組織改革を求める5項目の提言をまとめた。12日に文書で答申し、第三者委は解散。全柔連は18日の理事会で協議する。笠間治雄委員長は「全柔連は組織として未成熟。今が(改革の)良いチャンスだ」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信