外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全日本柔道連盟(全柔連)は18日、東京都文京区の講道館で理事会を開き、女子日本代表での暴力指導問題などの責任を取って上村春樹会長が辞めるべきだとの意見が出たが通らず、同会長の下で組織改革に取り組むことを決めた。副会長ら幹部も交代しなかった。理事会では、第三者委員会による報告書で提言された通り、暴力根絶の宣言を全会一致で採択。提言の具体化については6月の理事会までに道筋をつけるとした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信