外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 暴力指導問題や助成金不適切受給などの不祥事があった全日本柔道連盟は30日、新たに幹部となった元大阪府警本部長の近石康宏専務理事らが内閣府を訪れ、適切な措置を取ることを求めた勧告に対する報告書を提出した。助成金担当の職員を1人専属とすることで適正な管理を図ることを記した。コンプライアンス(法令順守)を徹底するため、9月にコンプライアンス担当理事と同委員会の設置を予定していることも盛り込んだ。

共同通信