外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全日本柔道連盟(全柔連)は5日、東京都文京区で、女子日本代表の園田隆二前監督(39)が15選手から暴力行為などを告発された問題の責任を取り、吉村和郎強化担当理事(61)が辞任したと発表した。徳野和彦コーチ(38)も暴力行為を認めて辞任した。全柔連は臨時理事会で、外部有識者による調査委員会を設置してこの問題を調べることを決めた。園田前監督と合わせて関係者の辞任は3人になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信