外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 不祥事が相次いだ全日本柔道連盟(全柔連)は21日、東京都文京区で臨時の理事会、評議員会を開き、新日鉄住金の宗岡正二会長兼最高経営責任者(67)の4代目会長就任を決めた。臨時評議員会後の新理事会で互選によって宗岡会長、元大阪府警本部長でトヨタ自動車顧問の近石康宏専務理事(64)、ロサンゼルス五輪金メダリストの山下泰裕副会長(56)、宇野博昌事務局長(63)による新執行部が誕生した。

共同通信