外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東亜建設工業が羽田空港C滑走路の地盤改良工事でデータを改ざんしていた問題で、地中に薬液を注入する管計231本の全てが計画通りの位置に達していなかったことが7日、国土交通省関東地方整備局への取材で分かった。正しく注入管が設置できず、十分な量が送り込めなかったとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信