外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会(全精社協)」が、厚労省の補助金約5千万円を不正に受給した疑いが強まり、大阪地検特捜部は20日、補助金適正化法違反の疑いで逮捕状を取得した協会の会長高野修次容疑者(55)の取り調べを始め、栃木県内の福祉施設などを家宅捜索した。容疑が固まり次第、逮捕する。逮捕状が出ているのは、ほかに協会の元副会長上野一郎容疑者(50)ら3人。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信