外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国養鰻漁業協同組合連合会(全鰻連、熊本市)は26日、中国江蘇省のウナギの漁業者協会とニホンウナギの稚魚の取引契約を結んだ。捕獲量が減少している稚魚の安定輸入を図るのが狙い。全鰻連によると、日本と中国の業界団体の契約は初めて。中間業者を通さず、日中の業界団体が直接取引することで流通量が透明化し、資源保護にも役立つとしている。

共同通信