外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 八ツ場ダム(群馬県長野原町)の水没予定地の住民でつくる水没関係5地区連合対策委員会は17日夜の会合で、建設中止を表明した前原国土交通相が求めている意見交換会開催に応じることを決めた。前原氏と地元住民との意見交換会は初めて。住民は来年1月24日開催を希望している。前原氏は10日、県を通じ地元に「迷惑を掛けたことをおわびし、地元の意見を聞きたい」と打診していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信