外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界ボクシング評議会(WBC)のトリプルタイトルマッチ各12回戦は8日、東京・両国国技館で行われ、フライ級で同級6位八重樫東がチャンピオン五十嵐俊幸を破り、新王者となった。元WBAミニマム級王者八重樫は2階級制覇を達成。バンタム級王者山中慎介は同級1位の挑戦者を12回、TKOで退け3度目の防衛。スーパーフェザー級は同級10位三浦隆司が王者のメキシコ選手に9回でTKO勝ちし、新王者となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信