ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

公債法案、来週にも審議入り

 臨時国会の焦点となっている公債発行特例法案は1日、衆院財務金融委員会で来週にも審議入りする方向となった。自民党が年内の衆院解散・総選挙を求めるため譲歩した。ただ自民党は、公明党とともに2012年度予算の減額補正を求めており、公債法案の成立までにはなお曲折がありそうだ。民主、自民、公明の3党は1日、衆院予算委員会を今国会中に2日間開催することでも合意した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。