外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相(民主党代表)と自民党の安倍晋三総裁は5日午後、堺市や京都市でそれぞれ街頭演説し、デフレ脱却に向け公共事業を活用する自民党の経済対策の是非などで舌戦を繰り広げた。首相は自民党の手法について「従来と同じ経済対策だ。借金をつくり将来世代につけを回すのは万死に値する」と、激しく批判した。これに対し安倍氏は「公共投資で一般企業の投資や、消費を引き出し、雇用をつくる」と強調。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信