外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 休日に政党機関紙「赤旗」を配布した国家公務員2人の行為が、法が刑罰の対象として禁じた「政治活動」に当たるかどうかが争われた事件の上告審判決で、最高裁は7日、「禁じられる行為は政治的中立性を損なう恐れが実質的に認められるものに限る」との初判断をした。公務員の政治活動の範囲を大きく広げる判決。「実質的」をどう判断するかについては、公務員の地位や職務内容などを総合的に考慮すべきだ、と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信