外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長野マラソンは21日、長野運動公園から南長野運動公園までのコースに約9千人が参加して行われ、世界選手権代表が有力な川内優輝(埼玉県庁)が2時間14分27秒で優勝した。15回目を迎えた大会で日本人男子優勝は初。レースは雪が降る中で行われ、川内は40キロ手前でアレクセイ・ソコロフ(ロシア)を振り切った。今大会で現役を引退する前日本記録保持者の藤田敦史(富士通)は30キロすぎで途中棄権した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信