外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 人事院は6日、2015年度の国家公務員一般職の月給を平均0・36%、ボーナス(期末、勤勉手当)を0・1カ月分、それぞれ引き上げるよう国会と内閣に勧告した。いずれも2年連続のプラスで、平均年間給与は5万9千円(0・9%)増の666万5千円となる。景気回復により今春闘で民間企業の賃上げの動きが相次いだことを反映した。月給とボーナスがともに2年連続で引き上げられるのは24年ぶり。

共同通信