外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省や高知県が発注した土木工事の入札をめぐる談合疑惑で、公正取引委員会は7日午後、談合の背景や経緯を調べるため、発注元の国交省四国地方整備局の高知河川国道、土佐国道、高知港湾・空港整備の3事務所と高知県庁を独禁法に基づき一斉に立ち入り検査した。公取委は、談合の全容解明には独禁法の権限に基づく早急な調査が必要と判断、立ち入りに踏み切った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信