外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シンガポール共同】世界最低水準の出生率の向上につなげようと、シンガポール政府は21日、年間20億シンガポールドル(約1454億円)規模の出産・育児奨励策を発表した。子どものいる夫婦に対する公団住宅への優先入居や「子育て休暇」が柱。2011年のシンガポールの出生率は1・2で、日本を下回る低水準。12年は1・28~1・3に改善する見通しだが、少子高齢化への対策が急務となっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信