外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 公明党は9日、10年度補正予算案への対応について、当初の賛成方針を転換し反対する方向で最終調整に入った。小沢一郎民主党元代表の「政治とカネ」問題に対しての菅直人首相の指導力不足や、中国漁船衝突映像流出事件など、政権の「失態」を受け「菅政権に協力しても支持者の理解は得られない。党幹部は「補正への反対は政権に距離を置くことと同じ意味だ」と明言、首相の政権運営に痛撃となりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信