外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 公明党は28日、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認について地方組織幹部に説明する会合を党本部で開いた。山口那津男代表は「集団的自衛権行使の範囲は極めて限定的だ」と解釈変更への慎重姿勢から転じた経緯に理解を求めた。出席者からは「平和の党是に反する」との懸念や慎重論が相次いだ。

共同通信