外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国漁船衝突の映像流出事件で警視庁に関与を認めた神戸海上保安部の海上保安官(43)が、映像を持ち出す際に使った公用の記憶媒体「USBメモリー」に映像が残っていないことが13日、分かった。警視庁は、発覚を免れるため公用のUSBメモリーからも映像を消去した疑いがあるとみて調べている。警視庁は、映像流出の経緯や動機について調べを進めているが、13日の事情聴取は見送った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信