外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 今春の大学入試で問題作成を予備校や教育関連企業などに外注した公私立大が全国で98校あることが30日、文部科学省の調査で分かった。2007年に初めて実施した調査では私立大71校の外注が判明し、文科省は「問題作成は大学の方針に基づいて自ら行うことが基本」として慎重な対応をするよう通知していた。調査は全国の国公私立740校を対象に実施。うち私立97校と公立1校が外注していたと回答した。国立はなかった。

共同通信