外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】クリントン米国務長官は3日、「ウィキリークス」に大量の外交公電が流出したことについて「若い米兵による秘密情報の窃盗」と述べ、軍の機密文書の不正入手で訴追されているブラッドリー・マニング上等兵(23)が情報源であることを事実上認めた。英BBC放送に語った。長官は、情報共有のため国務省の公電管理データベースと接続していた国防総省のネットワークから情報が流出したと断定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信