外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】イスラエル首相府は11日、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスが2006年に拉致したイスラエル兵ギラド・シャリート曹長(25)と、イスラエルが収監している多数のパレスチナ人服役囚ら約千人との「捕虜交換」取引が成立したと発表した。ハマス軍事部門の報道官も合意成立を確認した。曹長の奪還はイスラエル政府の重要課題だった。交渉はエジプト政府の仲介で進められた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信