外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県川西市で昨年9月に自殺した県立高2年の男子生徒=当時(17)=がいじめを受けていた問題で、兵庫県教育委員会が設置した第三者委員会は2日、川西市内で会合を開き、「自殺といじめを関連づけることは困難」とする調査報告書をまとめた。報告書には再発防止策も盛り込み、県教委に提出。同校の校長にも手渡された。報告書では、いじめが無力感を生み、孤立感を強めたとしながらも因果関係を否定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信