外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県明石市は1日、嫡出子か嫡出子でないかを尋ねる項目を削除した出生届の使用を同日から開始したと発表した。法務省によると、嫡出子に関する記載のない出生届は全国初。市によると、従来の出生届には「嫡出子・嫡出子でない子」のいずれかにチェックを入れる項目があった。今後は新しい出生届と従来のものと両方を使用するとしている。泉房穂市長は「最高裁判決などを受けて市の対応を決めた」としている。

共同通信