外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ケープタウン共同】ロイター通信によると、内戦の危機にある南スーダン情勢をめぐり、同国政府と、対立するマシャール前副大統領派の双方が31日、和平交渉のためエチオピアに代表団を派遣した。東アフリカ諸国の地域機構「政府間開発機構(IGAD)」は同日、交渉に先立ち双方が停戦に合意したと表明した。IGADは即時停戦と同日までの交渉開始を求めていた。

共同通信