外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体操の世界選手権第9日は15日、東京体育館で男女の種目別計5種目の決勝を行い、男子の床運動で内村航平(コナミ)が15・633点で優勝し、床運動では日本勢として1974年バルナ大会の笠松茂以来、37年ぶりの金メダル。内村は五輪を含めて初の種目別制覇で、今大会3個目のメダル。あん馬は5位、つり輪は6位。山室光史(コナミ)はつり輪で15・500点の3位となり、この種目で85年大会以来となる表彰台。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信