外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロッテルダム(オランダ)共同】体操男子の北京五輪銀メダリスト、内村航平(21)=日体大=が22日、オランダのロッテルダムで開催されている世界選手権の個人総合決勝を92・331点で制し、前回2009年ロンドン大会に続く日本勢初の2連覇を達成した。世界選手権での個人総合2連覇は06、07年大会を制した楊威(中国)以来史上3人目。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信