外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中川正春文部科学相は9日の記者会見で、準強姦容疑で逮捕、送検された柔道の五輪金メダリスト内柴正人容疑者に文科省が授与していたスポーツ功労者顕彰などについて、捜査状況を見極めつつ、取り消しも含めて検討する考えを示した。同省によると、内柴容疑者はアテネ、北京の両五輪で金メダルを獲得した際にスポーツ功労者顕彰、2005年には世界選手権2位で表彰を受けるなど、過去に計4回の顕彰、表彰歴がある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信