外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は、9月実施を検討していた内閣改造と自民党執行部人事を見送る方向で調整に入った。秋の消費税増税判断や集団的自衛権の行使容認問題といった重要政策を見据え現体制を継続すべきだとの判断に傾いた。年末の改造案もある。また中堅・若手の不満を解消するため副大臣・政務官人事は9月に刷新する方針だ。首相周辺が7日、明らかにした。

共同通信