外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 22日の東京外国為替市場の円相場は、日銀の金融政策決定会合直後の円売りで一時1ドル=90円台に下落した。しかし、日銀が打ち出した追加金融緩和への効果に対する疑問が広がるとドル売り円買いが優勢となり、88円台に反発する場面もあって、乱高下する展開となった。午後5時現在は、前日比50銭円高ドル安の1ドル=89円09~10銭。ユーロは32銭円高ユーロ安の1ユーロ=119円03~07銭。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信