ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

円安進行、1ドル=90円台

 18日の東京外国為替市場の円相場は、日銀の金融緩和強化などで日米の金利差が拡大するとの見方が強まって1ドル=90円台に急落し、2010年6月以来、約2年7カ月ぶりの円安ドル高水準を記録した。円はユーロに対しても売られ、東京市場で約1年8カ月ぶりに1ユーロ=120円台に下落した。午後4時現在は、前日比1円54銭円安ドル高の1ドル=90円14~18銭。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。