外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 13日の東京株式市場は、米金融緩和の先行き不透明感が強まって株式市場からお金が流出し、日経平均株価(225種)は急落した。円相場は一時1ドル=93円台に急伸。平均株価の終値は前日終値比843円94銭安の1万2445円38銭で、日銀が「異次元緩和」を発表した4月4日の終値を下回り、今年2番目の大幅な下げとなった。日銀の追加緩和策見送りも投資家心理を後退させ、市場のゆがみが増している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信