【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク外国為替市場で円相場は対ドルで急伸し、一時1ドル=105円41銭をつけ、2014年10月以来約1年8カ月ぶりの高値を記録した。米連邦準備制度理事会(FRB)の「利上げ時期が想定より遠のいた」との見方が市場で広がり、ドル売り円買いの動きが強まった。円高が加速すれば、輸出関連企業の収益を圧迫し、日本経済に悪影響を与えかねない。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。